開かれた未来への扉

received_281098362233185 received_281098365566518 Ryuma&Nic ToyodaNic was start jumping unbelievable he was 4th in Munich !!
But unfortunaly Nic injured at Odence last week.
Luckly he can come back to work after couple month off !!
It was too bad but also I’m grad Nic can have good rest.
Since we start big Adventure together last june, he travel so much and try so hard to soon. so,now is good time to have rest and I’m sure we will come back more strong and next time we will go more higher !!
Thank you so much all the help & cheers all around world !!
Our Adventure just started !And it was great pleasure to meet all fantastic peaple all around world !! Looking forward to more fun is coming !!

ニックの調子が上がってきて、CSIハーゲンで日本人9人中4人しかグランプリに通過できない厳しい戦いで日本人3位の成績をとり、CSIミュンヘンで4位入賞、先週のオーデンセもグランプリ予選通過し、グランプリも素晴らしい飛越で160㎝の障害を悠々と超えていったのですが、飛びすぎてコンビネーションで人馬転してしまい、ニックが怪我をしてしまいました。
精密検査の結果3か月の休養で復帰できるとの事でホッとしました。
昨年の6月からコンビを組み、オーストラリア、デンマーク、ドイツ、アメリカ西海岸、アメリカ中央部、再びヨーロッパと一年たらずで世界中を一緒に旅してくれて、万全でないながらも素質の高さで頑張ってくれて、特にフロリダで偶然再会した父の飲み友達のトレーナーマーカスのトレーニングの元、最後の数週間は世界のトップクラスで十分戦っていける手ごたえを感じました。
日本障害チームディレクターのポール・ショッケメーレ大先生も、すぐにマーカスに連絡してくれ「アンラッキーな事故だったが、馬の飛越は素晴らしく間違いなくトップだった。必ず日本チームに必要な人馬だから、大切に治して、次のチャンピオンシップは、連絡を密に取りたい」と、ニックを絶賛してくれました。

今回の怪我は、さらに大きく羽ばたくための試練だと思っていますのでしばらくは大事に休養させますが、パワーアップして帰ってくるニックとのコンビを楽しみにしていてください!!皆さま応援ありがとうございました!!お楽しみはこれからです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です